2012年06月28日

【注目!】大飯原発敷地内で、国会議員と専門家が現地視察:報告(速報)


政府が動かそうと躍起になっている大飯原発3,4号機。。。
大飯原発敷地の地下には断層が走っています。断層が走っていること自体は関電も認めているけれども、それが「活断層」であると認めたくない。。。
渡辺満久・東洋大学教授(変動地形学)はちゃんと調査すべきと訴え、国会議員数人も合流して現地視察をしてきた模様。その速報をシェアします。

★☆★☆以下の速報、転送歓迎です。★☆★☆
------------------------
2012年6月27日

大飯原発敷地内で、国会議員と専門家が現地視察:報告(速報)

◆F-6断層が活断層であるかを確認するための掘削可能地点は3地点ある
◆耐震安全上重要な施設である取水路の下にF-6断層が走っている
◆掘削調査は数日で可能

国は、至急、F-6断層の掘削調査を実施すべきです

6月27日(水)、大飯原発敷地内のF-6断層(破砕帯)再調査を求める国会議
員、専門家は大飯原発敷地内で現地視察を行いました。その結果、下記の2点を
確認しました。
(1)F-6断層が走っている部分について、敷地内で掘削調査が可能な箇所(現在
建物などが建っていない箇所)が少なくとも3箇所あること
(2)非常用の取水路は耐震安全上重要なSクラスであり、その取水路がF-6断層と
交わっていること。このように重要な施設は、活断層の上に設置してはならない
はずです。
 
今日の現地調査によって、F-6断層の調査を早急に実施する必要性、および、
掘削調査は可能であり、調査箇所も具体的に明らかになりました。調査は、数日
で可能であると専門家は指摘しました。

参加した国会議員は、福島みずほ議員(社民党)、服部良一議員(同)、橋本勉
議員(民主党)、三宅雪子議員(民主党)、平山誠議員(新党大地)の5名。
渡辺満久・東洋大学教授(変動地形学)が同行しました。

この視察にはおおい町住民や近隣住民、市民団体も当初同行する予定でしたが、
関西電力側は立ち入りを認めませんでした。

その後、国会議員、専門家、市民たちはおおい町役場を訪問。時岡正晴副町長に
視察結果を伝えるとともに、下記を伝えました。

・断層がずれを起こした場合、取水路など重要な施設の破損が生じ、おおい町民
のみならず広い範囲に影響を与える深刻な事故につながるおそれがある。
・国のバックチェックなどの委員会においては、F-6断層が活断層であること
を示唆するトレンチ北側の図面が提示されていなかった。
・このため、国の責任において、再検討および掘削調査が不可欠である。掘削だ
けなら数日で可能であり、結果はすぐに判明する。埋め戻しも含めれば一週間
あれば十分で、すぐに実施出来る調査。

これに対して、時岡副町長は、「国でいったん決めたこと」と回答しましたが、
出席した福井の住民からは、「自分の家の下を断層が通っていると思ってくださ
い。自分の家族を守るために、国が決めたことなどということにはならないは
ず」「町民を守るために、動いてください」などとの声があがりました。

なお、昨日(6月26日)保安院が福島みずほ事務所に提出した、トレンチ展開
図の拡大図を、おおい町に提供しました。

2012年6月27日

グリーン・アクション
京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL:075-701-7223 FAX:075-702-1952

美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階 TEL:06-6367-6580 FAX:06-6367-6581

国際環境NGO FoE Japan
東京都豊島区池袋3-30-22-203 TEL:03-6907-7217 FAX:03-6907-7219
------------------------

これも「紫陽花革命」のダイナミズムの一部!
この「革命」は「何年何月何日」とピンポイントで特定できるような一度きりのものではなく、あちらこちらで不特定に、波のように持続するもの。バラバラに見えても、それぞれの場所でみんなができることをやっている、それが地下茎でつながっているんだ!そのつながりは特定不可能。紫陽花革命はこれまで誰も目にしたことも耳にしたこともない革命の形だ〜。

posted by タネ at 13:23| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

【超強力リツイート求ム!】STOP原発再稼働!6.30おおい集会に集まれ〜!



STOP原発再稼働!☆☆☆☆
6・30おおい集会に結集を

大飯原発再稼働に反対するすべての皆さん!

 報道によれば、いよいよ7月1日には大飯原発が起動され、7月4日には発電を開始します。私たちSTOP☆大飯原発再稼働現地アクションは、大飯原発再稼働に抗議し、ただちに中止することを要求して、6月30日(土)におおい町での集会とデモを行うことを呼びかけます。野田政権は、新たな「安全神話」をもって大飯原発の再稼働を決定しただけではなく、大飯を突破口に伊方など全国各地の原発の再稼働を強行しようとしています。絶対に許すことはできません。いまおおい町においても住民が再稼働に反対する声をあげ、6月17日には福井市で全国から2200人が結集する大集会が開催されました。また、東京では6月22日に45000人が首相官邸を包囲し、大阪・京都でも関電本社・支社に対する包囲行動が組織され続けています。大飯原発再稼働に抗議し、立ちあがり始めたおおい町の住民を激励し、大飯を突破口とした各地の原発の再稼働に反対する全国的な連帯を強めていくために、関西・全国からの総結集を呼びかけます。


チラシ表(クリックで拡大)
20110630オキュパイ大飯_表.png
チラシ裏(クリックで拡大)
20110630オキュパイ大飯_裏.png


■STOP原発再稼働!6・30おおい集会

 ★☆OCCUPY OIのサイト⇒ http://www.nihon.jpn.org/ooi/★☆   
   日時 2012年6月30日(土)13時〜15時
   会場 あみーシャン大飯ふれあいホール
   福井県大飯郡おおい町成和2−1−1(JR若狭本郷駅下車徒歩5分)
   呼びかけ STOP☆大飯原発再稼働現地アクション(代表・長谷川羽衣子)
   連絡先 090-3267-4278(新開)  090-1149-4945(長谷川)     

■賛同人
中嶌哲演(原発設置反対小浜市民の会) 
松下照幸(森と暮らすどんぐり倶楽部)
石地 優(プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会)  
柳田 真(たんぽぽ舎)
渕上太郎(経産省前テントひろば)   
椎名千恵子(原発いらない福島の女たち)

■主内容(予定)
      ゲスト発言 福島の女性たちなど
      大飯原発再稼働反対!原発のない若狭・福井へ
      福井の反原発運動からの発言 中嶌哲演さんなど
      再稼働に直面する各地からの報告(伊方・志賀など)
      全国的な連帯を強めていくために たんぽぽ舎など
 集会後デモ  おおい町役場、オフサイトセンター(牧野経産副大臣が常駐)などを通過するコース

■交通手段 一人でも多くの方に参加していただくためにおおいバスツアーを準備(裏面参照)

■STOP☆大飯原発再稼働現地アクションとは
 大飯原発再稼働に反対して京滋の仲間たちを中心に結成。福井での枝野や細野訪問などに対する抗議行動、6月17日の福井市での大集会などに参加。5月26日には、若狭の反原発運動の仲間とともに、福島の女性たちやたんぽぽ舎・経産省前テントひろばの協力によって、おおい町の住民40人前後が参加した「もうひとつの住民説明会」(150人)をおおい町で開催。 


■下記のバスツアーを拡散して下さい■

  6月30日のSTOP原発再稼働!6・30おおい集会に参加しよう

■京都発のバスツアーのご案内■

 野田政権は、圧倒的多数の人々の反対の声を踏みにじり、大飯原発の再稼働を決定しました。いよいよ7月1日には起動され、7月4日には発電を開始すると報道されています。そればかりか、野田政権は大飯を突破口に伊方原発や志賀原発など全国各地の原発の再稼働を強行しようとしています。こんなことを絶対に許すことはできません。いまおおい町においても住民が反対の声をあげ、6月17日には福井市で2200人が結集する大集会が開催されました。大飯原発再稼働に抗議し、立ちあがり始めたおおい町の住民を激励し、大飯を突破口とした各地の原発の再稼働と対決する全国的な連帯を強めていくために、6・30おおい集会に関西・全国から結集していきたいと思います。私たちは、一人でも多くの方が参加できるように、以下のバスツアーを準備しています。

■おおいバスツアー募集要項

 (1) 集合・出発時間 6月30日(土)午前9時 時間厳守!

    集合場所 京都駅八条口側の新・都ホテル前

    おおい町での集会・デモの終了後、午後8時ごろ京都駅帰着・解散予定

    当日の緊急連絡先 090−5166−1251(寺田道男)

 (2) 募集人数 約50人(大型バス1台) 申し込みが多ければ増車を検討します。

 (3) 費用 往復3000円(片道1500円) 学生・失業者などの割り引きあり

 (4) 責任団体 STOP☆大飯原発再稼働現地アクション(代表・長谷川羽衣子)

 (5) 申し込みについて

     申し込みは先着順です。定員一杯の人数が集まるまでは、先着順で席を確保することができます。定員を超えたあとは、仮受付したあと、増車した車に乗っていただくか他の公共交通機関を利用していただくか、あらためてご連絡させていただきます。

     申し込み先  

電話 090−5166−1251(寺田道男) 090−1590−9469(山本純)

    FAX  075−981−4121(寺田)  0774−44−3102(自立労連)

 (6) 当日の昼食はご持参ください。おおい町までの間、小休憩をとるだけとなります。

【参加申し込み書】

■個人用

お名前(フリガナ)               所属団体(あれば)                
電話                メール                      

■団体用

団体名               責任者                      

連絡先 電話                メール                  

参加人数(  人)  

参加者名(フリガナ)

(1)

(2)


posted by タネ at 20:34| Comment(0) | お知らせ(市民活動) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

たんぽぽ舎ML:「6月30日(土)7月1日(日)おおいバスに参加しよう」他5つの情報

たんぽぽ舎です。【TMM:No1496】
2012年6月23日(土)−2 地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
                      
━━━━━━━
★1.6月30日(土)7月1日(日)おおいバスに参加しようー再稼働阻止めざして
    <緊急>経産省前テントひろばよりお知らせ      
★2.国民の声を大事にして,マニフェストにこだわる人々(議員)を励ます方が
   有効だと思いますが        川上直子(海老名市)
★3.広瀬隆・講演会スケジュール 
    (7月の日程とインターネットサイトの開設)
★4.福島県民1、324人が集団告訴  福島原発事故の刑事責任を問う
★5. <テント日誌6/21(木)――経産省前テントひろば285日目
     稼働原発ゼロ47日目>
       22日の官邸前行動を前に気分高まるテントひろば
━━━━━━━

┏┓
┗■1.6月30日(土)7月1日(日)おおいバスに参加しようー再稼働阻止めざして
 |   <緊急>テントひろばよりお知らせ 
 └──── 
 報道によれば、7月1日には大飯原発が起動され、7月4日には発電を開始すると
のことです。これに向け、STOP大飯原発再稼動現地アクションでは、大飯原発再
稼動に抗議し、ただちに中止することを要求し、6月30日(土)におおい町での
集会とデモを行うことを
緊急決定しました。
6月17日の福井での大集会、デモに続く現地アクションになりますが、多くの参
加者を呼びかけたいと思います。概略は以下の通りです。

 <STOP 原発再稼動!6.30おおい集会&デモ>
   日時:2012年6月30日(土)13:00〜15:00
  集会終了後に、おおい町役場、オフサイトセンター(牧野経産副大臣が
    常駐)を通過するデモを予定
   会場:あみーシャン大飯ふれあいホール(JR若狭本郷駅下車)

  注 集会に向けて、バスを手配します。(6/30(土)朝 6:00新宿西口ス
     バルビル前 6:30出発)
  注 翌日7/1(日)ゲート前で座り込みを予定しています。
        (電源スイッチオンの8:00AM前より座り込み)


┏┓
┗■2.国民の声を大事にして,マニフェストにこだわる人々(議員)を励ます方
    が有効だと思いますが
 └────            川上直子(海老名市)
BCCで30人くらいに、たんぽぽ舎メルマガ転送してます。その前書きにつけ
た文章のみ送ります。
 私の伝えたいことは最後のところ、ともかく国民の声を大事にしてマニユフェ
ストにこだわる小沢とその支持者にがんばってもらう方が有効かと思いますがい
かがでしょうか。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 昨日6月22日(金)は6時半から、小田急相模原駅のおださがプラザで、松井
英介さん(岐阜環境医学研究所)の講演など「内部被曝からいのちを守る集会」
に行かせてもらいました。金曜日なので、官邸前にも行きたかったが、娘達をさ
そったので、此方に出席。
「低線量」放射線内部被曝の人体(特に14歳以下の子ども達や胎児)に与える影
響から、放射線の種類等の基本から、原爆から原発という核開発と核の利用の歴
史的視点を踏まえ、今の福島県民はじめ国民に対する棄民政策が、原爆開発、投
下から連なるアメリカ政府や日本政府による内部被曝の隠蔽、IAEAの罪深い歴史
の積み重ねの延長線上にあることを話してくれた。
その間にも、官邸前に凄い人数が集まっているメールが入る。ついに4万人を超
した!すごーい!

で翌朝の朝日には改めて失望した。虫眼鏡で探すほど申し訳程度の記事。朝日は
いくら販売促進に金をかけても衰退することがわかった。それに主催者4万人に
対し、警視庁1万人なんて載せてる。あきれ果てた。
東京新聞は一面でがんばって写真も載せた。
来週はもっと増え、7月16日を待たずに10万人に行くような気がした。それには
自分が10人くらい引っ張っていくつもりにならないとね。
まだ官邸前に言ったことない人ぜひ!!一人でも大丈夫。百聞は一見にしかず。
そしてこれは引くに引けない!
松井英介さんも『新しい市民革命』と言った。
4万人の再稼動反対の市民行動を無視する腐ったマスコミよ、歴史の審判を受け
よ!
『世界は原発を止められる!(松井さんの言葉もらった!)』

後メルマガに野田どもの連絡先があるが、小沢さんたち消費税と再稼動反対の人
たちを励ますFAXの方が有効ではないかね!ダメな奴より、ましな人を励まして
増やした方が。

┏┓
┗■3.広瀬隆・講演会スケジュール 
    (7月の日程とインターネットサイトの開設)
     (7月は、特定企業が主催する講演会が多数あるため、一般市民向け
      は以下だけです)
 └────
○7月7日、午後1時30分〜4時30分、京都府亀岡、みろく会館3階ホールにて。亀
岡市民新聞社主催。〜いのちの水「琵琶湖・保津川」を守れ 大飯原発問題〜緊
急講演会。連絡先電話0771-56-9065。
 ○7月21日、9:00〜10:30 。東京原宿のクレヨンハウス東京店(東京都港区北
青山)B1レストラン「広場」にて。「再稼動を止めるエネルギーのはなし」。落
合恵子さん主催。連絡先電話03-3499-4532。
 ○7月28日、午後1時30分〜3時、JR東静岡駅前、静岡グランシップ9・10F に
て、静岡市家庭科教育研究者連盟、第47回夏期全国大会のオプション講演。一般
市民傍聴可。連絡先電話054-348-8389
 ○7月29日、13:30 〜17:00。四国の徳島県・アスティとくしま3F第2特別会
議室(徳島市山城町東浜傍示1 )。脱原発市民ネットワーク徳島主催(連絡先・
阿波有機会館、連絡先電話088 −677 −5530)、コープ自然派ストップ伊方委員
会、徳島市教組共催。

 もうひとつ広瀬隆からのお知らせです。
色々な人から、「お前はインターネットのブログやツイッターを利用して早く人
にものごとを知らせないのか。何をしているんだ」と怒られてきました。時代後
れの私はきわめて保守的な図書館タイプの人間なので、どうもその世界が苦手で、
困っていました。そこに、若い世代の人が手伝ってあげますと言ってくれたので、
今後は、みなさんに急いでお伝えしたいことがあった場合、『日々雑感』という
インターネットサイト【http://hibi-zakkan.sblo.jp/】で、私・広瀬隆からの資料や呼びかけを掲載してもらえるようになりましたので、このサイトをご覧ください。

┏┓
┗■4.福島県民1、324人が集団告訴  福島原発事故の刑事責任を問う
 └────
6月11日、東京電力福島第一原発事故の被害者1、324人からなる「福島原発被
告団」が、東電勝俣恒久会長や原子力安全委員会斑目春樹委員長ら責任者33人の
刑事裁判を求め告訴した。告訴団の約200人が「原発事故の責任をただす」の横
断幕を掲げる中、武藤類子団長らが福島地方検察庁に告訴状を提出した。今後、
福島県民以外にも呼びかけ、第2次告訴を行う予定だ。正当な賠償を行わせるに
は、自らを加害者と思っていない東電を引きずり出し、逃げ隠れできない立場に
置くこと。賠償要求と両輪をなす告訴団運動はその意味からも重要です。
 告訴団が発した声明文を紹介します。
  
[福島原発告訴団] の告訴声明
今日、私たち1324人の福島県民は、福島地方検察庁に「福島原発事故の責任を問
う」告訴を行いました。
       事故により、日常を奪われ、
       人権を踏みにじられた者たちが
    力をひとつに合わせ、怒りの声を上げました。
告訴へといっぽ踏み出すことはとても勇気のいることでした。
       人を罪に問うことは
    私たち自身の生き方を問うことでもありました。
       しかし、この意味は深いと思うのです。
   ・この国に生きるひとりひとりが大切にされず、
    だれかの犠牲を強いる社会を問うこと
   ・ 事故により分断され、引き裂かれた私たちが
    再びつながり、そして輪をひろげること
   ・傷つき、絶望の中にある被害者が力と尊厳を
取り戻すこと
    それが、子どもたち、若い人びとへの責任を
果たすことだと思うのです。
 声を出せない人々や生き物たちと共に在りながら
    世界を変えるのは私たちひとりひとり。
       決してバラバラにされず、
     つながりあうことを力とし、
怯(ひる)むことなくこの事故の責任を問い続けていきます。

┏┓
┗■5.<テント日誌6/21(木)――経産省前テントひろば285日目 稼
      働原発ゼロ47日目>
       22日の官邸前行動を前に気分高まるテントひろば
       6・30ー7・1おおい現地行動への参加を!
 └────
6月21日(木) 曇り
 このところテントはいつも賑わっている。それは切迫する大飯原発再稼働強行
の動きと、それに重なり合いながら増税自己目的の消費増税強行と大連立による
強権政治の動き、そして原子力規制委員会設置法案の中に忍び込まされている原
子力基本法改正ー「安全保障に資する」という文言の挿入、さらには沖縄・普天
間基地オスプレイ配備強行と列島全体を覆う飛行訓練計画等々という、情勢の緊
迫、それに対抗して民主党の中にまで広がってきている人々の大きなうねりがテ
ントにもひしひしと伝わってくるからだろう。
 再稼働阻止!原発廃止!原子力ムラ(原子力帝国)解体!はこれら全てと絡み
合いながら、新しい未来を自らの手でつかみ取っていきたいとする人々の道筋な
のだろう。攻防戦はさらに広く、深く、熾烈になっていくという予感がみんなを
とらえている。気分は高揚している。22日の官邸前行動をさらに大規模にと、
みんなの思いは集中している。

 福島から電話があった。6月29日(金) 泉かおりさん発起人・福島の女た
ちの呼びかけで、全国の女たちの国会行動をやるという。テント前に12時集合
・ミーティング、13時〜記者会見&集会、15時〜女性国会議員達との院内集
会、17時〜国会正門前でのアピール行動 ということのようだ。
 この間、官邸前行動には連日女性議員が参加し、アピール・コールを共にして
いる。そうした女性議員とも連なって、次期選挙をも視野に入れて女たちの大き
な戦線を創り出す一歩となるのだろう。
<6.29 大飯再稼働は許さない!女たちの国会前アピール>
「一票一揆で女が変える! 政治も、暮らしも、原発も!」というタイトルでの
呼びかけがなされている。それにしても女たちの動きは速い。2〜3日前に話し
ていたことがすぐさま、このような行動へと具体化していく。

 テント運営会議があった。6・17−18福井行動とバスツアーの報告と討論
がなされた。追ってまとまった報告を公表するとして、今回のバスツアーは急な
計画で、初めての試みで、いくつかの不手際があったが、福井でのアクションと
もども大成功であった。(とくに前段での交流集会を福井・福島・伊方の方々を
交えて持ち得たことは、大きな意義があった。)
 とりわけたくさんの方々から多額のカンパをいただき、それ自身が運動として、
意志と気持ちがしっかりとつながったこと、それを土台として首都圏からの様々
な団体・個人の参加を統一行動としてテントが保障しえたことは、本当に良かっ
たことであった。参加者はバス250名+新幹線30〜40名+車であったが、
カンパでの参加(現金参加)を含めると1000名を超えただろう。
 カンパの残高については、引き続きおおい現地行動に回すことを確認。

 STOP☆大飯原発再稼働現地アクションから呼びかけられている、6・30
おおい集会(おおい町住民・福井・福島・伊方・志賀・関西・首都圏の交流集会)
とデモ、及び大飯原発再起動日と言われている7・1朝からのゲート前行動に、
テントとしてもバス1台を用意して参加を呼びかけることを確認。カンパ残高を
この行動への補助にあてる。(詳細は別途)
 7・7七夕アクションも楽しみな企画になりそうだ。

 会議後、第1テントに戻ると、若い人達で大入り満員だった。今日はテントの
前でライブをやっていたようだ。それにしてもこのところ官邸前行動の影響か、
テントには若い人達の出入りが多くなっている。テントはこの近辺一帯での行動
の中継基地であり、峠の茶屋である。世代をつなぐ役割も果たしたい。    
                          ( Y・T )
posted by タネ at 18:42| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。