2013年10月14日

【重要講演会:内部ヒバク】放射能から子どもたちを守ろう!福島の子どもの甲状腺ガン多発(43例)は異常事態だ!



重要な講演会の情報が回ってきましたのでシェアいたします。
福島の子供の甲状腺ガンが43件に達しているとのこと。もともと100万人に1人の割合とされる甲状腺ガンの発症人数が43に上るというのは、やはりただ事ではない。
そして、いわゆる「原発事故こども 被災者支援法」も骨抜き状態、いや、さらに悪い方向に動いているようです。そのような非常に差し迫った状況に必要なお話が聞けるかと思います。

直前のお知らせになりましたが是非!


------------------------

<拡散希望>
=====================================================
        放射能から子どもたちを守ろう!
福島の子どもの甲状腺ガン多発(43例)は異常事態だ!
=====================================================
10・14高松勇医師
(高松子どもクリニック院長・医療問題研究会)講演会

◆日 時  2013年10月14日(月・休)体育の日
      13時00分開場 13時30分開会

◆場 所  京都市 伏見いきいき市民活動センター別館 集会室
      http://fushimiikiiki.wix.com/ikik243#!untitled/c1np5

別館は、京都市第二児童福祉センターの2階にあります。

 〒612-8434 京都府京都市伏見区深草加賀屋敷町24-26

◆駐車場  会館には駐車場はありません。近くにコインパーキングがあります。
◆公共交通機関のご案内
 市営バス〇81系統 特81系統 西墨染通 下車すぐ
 近鉄〇京都線 伏見駅下車(徒歩 約8分)
        竹田駅下車(徒歩 約10分)
 京阪〇京阪本線 墨染駅下車(徒歩 約10分)
 地下鉄〇烏丸線 竹田駅下車(徒歩 約10分)

◆参加費 一般 500円
      避難・移住者・学生 200円


◆プログラム(予定)

 13:00 開場 受付開始
 13:30 事務局からの報告     原発事故こども 被災者支援法に基づく基本方針案 について
 13:50 高松医師講演 福島の子どもの甲状腺 多発は異常事態 (仮題)
 15:20 質疑応答
 15:40 今後の取り組みについて
     第2回 避難者こども健康相談会きょうと について
  原発賠償京都原告団を支援する会結成集会について
 16:00 終了予定


◆よびかけ

 福島県の18歳未満のこどもに対する健康調査において、43人の子どもたちに甲状腺ガンが発見されました。甲状腺ガン多発(アウトブレイク)という異常事態が発生しています。

 県民健康管理調査検討委員会の山下俊一座長は「人数だけ見ると心配するかもしれない。しかし、20〜30代でいずれ見つかる可能性があった人が前倒しで見つかった」と効果説を唱え、福島第一原発事故による影響を否定しています。

 しかし、高松医師は、「甲状腺ガンのアウトブレイクを否定する『スクーリング効果』説には科学的根拠がない」「甲状腺がんのアウトブレイクの事実は、相対的低線量地域で相当の被曝量の存在を示し、今後の健康被害の発生を意味している」と力説します。

 さらに、今直ちに行わなければならないこととして、「被ばく軽減策 つまり避難、保養、食の安全確保が必要であり、放射能健康診断、科学的な治療、補償などの援助体制が重要である」と指摘しています。

 みなさん!高松医師緊急講演会にぜひご参加ください。甲状腺ガン多発の異常事態を正しく認識し第2回目となる「避難者こども健康相談会きょうと」をともに成功させましょう

◆高松勇医師のご紹介 (高松こどもクリニック院長・医療問題研究会)
 低線量被ばくの危険性を指摘し、山下俊一氏などによる「100ミリシーベルト以下ではガン等の健康障害は確認できない」との主張に対して、公表された科学的事実から反論し、「低線量でも危険性がある」ことを明らかにしてきた。
 福島をはじめ、避難者が多い大阪や京都での「こども健康相談会」の活動も精力的に行っている。
 著書 「低線量・内部被曝の危険性」(共著、耕文社2011年)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(主催)避難者こども健康相談会きょうと

(連絡先)〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
 北川コンサイスビル203号 京都・市民放射能測定所気付
 Tel:090-8232-1664(奥森)
 Fax:075-622-9870  E-mail:rentai at s3.dion.ne.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


posted by タネ at 00:30| Comment(0) | お知らせ(市民活動) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

【再生可能エネルギー関連イベント!】「自然と共存するエネルギーの町へ」@大阪


自然エネルギー関連のイベントのお知らせ!
関西圏の人は是非!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

−−−「自然と共存するエネルギーの町へ」−−−

自然と共存するエネルギーの町へ_チラシ.jpg

PDF版チラシのダウンロードはこちら→自然と共存するエネルギーの町へ_チラシ.pdf

●日時:2013年11月23日(土・祝)、13:20開場 13:40開演
●場所:大阪市都島区民センター(http://danjo.osaka.jp/miyakojima/access.html
  ○最寄駅
   ・地下鉄長堀鶴見緑地線、JR環状線「京橋」下車 徒歩10分
   ・JR環状線「桜ノ宮」・東西線「大阪城北詰」下車 徒歩10分
   ・地下鉄谷町線「都島」下車 徒歩15分
●入場料
   ・前売り:一般1000円、ヒバク者・避難者・障がい者・学生700円
   ・当日 :一般1300円、ヒバク者・避難者・障がい者・学生1000円
●講演
「再生可能エネルギー 世界と日本」飯田哲也(NPO法人環境エネルギー研究所所長)
「脱原発ドイツの選択」ラウパッハ・スミヤ・ヨーク(立命館大学経営学部教授)
「バイオマスを中心とする原発立地町での取り組み」松下照幸(森と暮らすどんぐりくらぶ代表)

●リレートーク
「自然エネルギーの町ゆすはら報告」 大津いつお(ストップ・ザ・もんじゅ)
「市民発電所を行政と共に」     井上保子(NPO法人新エネルギーをすすめる宝塚の会)
「もっと関西に小水力発電を」    里中悦子(関西広域小水力利用推進協議会)
「雨水や太陽熱利用のくらしを」   村上悟(NPO法人碧いびわ湖代表理事)
「節電は大きな発電です」      池島芙紀子(自然環境センター代表)

◆交流会 17:00〜18:30(要予約・先着順)
     2F会議室3 軽食&ドリンク付 1000円

【主 催】とめよう「もんじゅ」関西連絡会、脱原発政策実現全国ネットワーク関西・福井ブロック
【後 援】緑の大阪、脱原発をめざす首長会議
【連絡先】〒573-0028大阪府枚方市川原町1-5
     tel:072-843-1904  fax:072-843-6807
     メール:stopthemonju[@]sannet.ne.jp (@のカッコを取って下さい)

posted by タネ at 21:52| Comment(0) | お知らせ(市民活動) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【注目イベント!】『標的の村』上映&トーク@京都



上映各地で話題になった(現在も話題になっている)あの映画『標的の村』がもう一度京都に!
関西圏でまだ見ていない人はこの機会に是非!

・・・・・・以下転送転載シェア歓迎・・・・・

◆『標的の村』上映&トーク(感想・意見交流)

●日時:2013年11月23日(土)午後6時45分〜上映(6時30分開場)
1、午後6時45分〜映画『標的の村』上映(2013年制作)
  (91分/三上智恵監督/制作・著作:琉球朝日放送/配給:東風)
2、高江に行かれた方からの発言(予定)
3、参加者で感想・意見交流
  (午後9時10分頃終了予定)

●会場:ひと・まち交流館京都 第4・第5会議室(3階)
    河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
    京阪「清水五条」駅下車 徒歩8分      
    地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分
    案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html      
    TEL:075ー354ー8711
●参加費:1000円  学生500円
●主催(共催):
・ピースムービーメント実行委員会
・沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動
(京都行動)http://kyoto-action.jugem.jp/    
     
●問い合わせ先:TEL:090−2359−9278(松本)
           Eメール anc49871@nifty.com(山崎)

◆映画の紹介
★詳細は『標的の村』公式サイト→ http://www.hyoteki.com/
★『標的の村』予告編→http://www.youtube.com/watch?v=Ofvwr2lUuKA
【解説】
(以下は公式サイトから引用) 
 日本にあるアメリカ軍基地・専用施設の74%が密集する沖縄。5年前、新型輸送機「
オスプレイ」着陸帯建設に反対し座り込んだ東村(ひがしそん)・高江の住民を国は「
通行妨害」で訴えた。反対運動を委縮させるSLAPP裁判だ。[※1]わがもの顔で飛び回
る米軍のヘリ。自分たちは「標的」なのかと憤る住民たちに、かつてベトナム戦争時に
造られたベトナム村[※2]の記憶がよみがえる。10万人が結集した県民大会の直後、日
本政府は電話一本で県に「オスプレイ」配備を通達。そして、ついに沖縄の怒りが爆
発した。
 2012年9月29日、強硬配備前夜。台風17号の暴風の中、人々はアメリカ軍普天間基地
ゲート前に身を投げ出し、車を並べ、22時間にわたってこれを完全封鎖したのだ。この
前代未聞の出来事の一部始終を地元テレビ局・琉球朝日放送の報道クルーたちが記録し
ていた。真っ先に座り込んだのは、あの沖縄戦や米軍統治下の苦しみを知る老人たち
だった。強制排除に乗り出した警察との激しい衝突。闘いの最中に響く、歌。駆け付け
た ジャーナリストさえもが排除されていく。そんな日本人同士の争いを見下ろす若い
米兵たち……。
 本作があぶりだそうとするのは、さらにその向こうにいる何者かだ。復帰後40年経
ってなお切りひろげられる沖縄の傷。沖縄の人々は一体誰と戦っているのか。抵抗むな
しく、絶望する大人たちの傍らで11才の少女が言う。「お父さんとお母さんが頑張れな
くなったら、私が引き継いでいく。私は高江をあきらめない」。奪われた土地と海と空
と引き換えに、私たち日本人は何を欲しているのか?

[※1]SLAPP裁判
国策に反対する住民を国が訴える。力のある団体が声を上げた他人を訴える弾圧・恫
喝目的の裁判をアメリカではSLAPP裁判と呼び、多くの州で禁じられている。

[※2]ベトナム村
1960年代、ベトナム戦を想定して沖縄の演習場内に造られた村。農村に潜むゲリ
ラ兵士を見つけ出して確保する襲撃訓練が行われていた。そこで高江の住民がたびたび
南ベトナム人の姿をさせられていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by タネ at 21:18| Comment(0) | お知らせ(市民活動) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

【抜粋転記】「世界に向けて真っ赤なウソを平然と言い放つ安倍首相の責任」(山崎久隆氏)



汚染水問題の現状と安倍のホラ吹きについての秀逸な記事が送られてきたので以下に転記します:

----------------------------------

世界に向けて真っ赤なウソを平然と言い放つ安倍首相の責任
 |  福島第一原発の専用港「湾内」と外洋を隔てて「ブロックする」
 |  ような構造物など何もない
 └────  山崎久隆(たんぽぽ舎)

IOC総会で安倍首相は「汚染水は港湾内で完全にブロックされている。抜本解決のプログラムを私が決定し、着手している」と発言した。世界に向けて真っ赤なウソを平然と言い放つ神経に、怒りを通り越して呆れかえった。
 本当に、こんな見え透いたウソがまかり通ると思っているのだろうか。
 福島第一原発の専用港「湾内」と外洋を隔てて「ブロックする」ような構造物など何も無い。そんなことは東電の資料でも明らかだ。
 東電自ら、潮の満ち引きで外洋との海水交換があることを認めている。
 東京海洋大の神田穣太教授は、港湾内の海水は一日に44%程度の比率で入れ替わっているとしている。
 港湾内のシルトフェンスにも完全に遮蔽する性能は無いことは、東電の作った資料にも書いてあるとおりだ。
 そういう事実を知りながらオリンピックほしさに世界中の人々の前で、大変な作り話をした。その責任は重大だ。
 また、抜本的対策とは何なのか。いわゆる「凍土式遮水壁」について国が資金を出すとしているだけだ。本来必要な、周囲を取り囲む形式の遮水壁、それも恒久的な遮水性能を有する設備は、海側の一部で着工しているが、これさえ完成するのは2年近く先の話である。陸側の遮水壁は見通しも立っていない。
 その間にも汚染された地下水は毎日数百トンが湾内に流れ込んでいる。コントロールどころか流出量は増える一方だ。
 最近では、海に放流する計画で作られている「地下水くみ上げ井戸」の上流側130m地点で、汚染水タンクの漏水が起きている。さらに、その他のタンクでも漏水が確認されており、おそらくもっと数多くのタンクから汚染水が漏れ出していると考えられる。
 地下水バイパス計画は、元々東電が計画していたものだが、汚染水問題が深刻化する中で田中俊一規制委員長も「敷地内は水だらけになっている。基準以下(の汚染水)を排出するのは避けられない」といいだし、流れは「地下水バイパス」へと急激に動こうとしていた矢先に、揚水井の地下水汚染が見つかり頓挫している。

東電は調査せず=地下観測孔を掘らず
なぜなのか?=「対策せず」の「責任追及」から逃げるため

 8月27日の交渉で東電に対し敷地内に千本の観測孔を掘り、地下水位の調査と放射能調査を行うよう求めたところ「必要な調査をしている」と回答してきた。しかし実際には観測孔は13しかなく、そのため地下水の流出を見つけることも出来なかった。観測孔は増設中で、39孔まで増やすことになっているが、孔を掘れば掘るほど、新たな地下水の汚染状況が明らかになっている。
 こんなことは分かっていたはずだが、調査をちゃんとしていないのはなぜか。
 調査して結果が明らかになった後も対策を行わなければ「故意」ということになるが、調査をしないで「分からなかった」のならば「過失」になるからだ。
 故意による海洋汚染はもちろん犯罪であるが、過失ならば事故以来汚染水の流出続きなので、その延長線上での過失だと言い張れるというわけだ。
 「東電体質」という言葉があるが、調べない、気づかない、改めないことが常の、反省の無い、改革をしない体質が会社の上部に行けば行くほど徹底している。これが最悪の現れ方をしていたのが原発震災発生時の東電本店の対応だった。

対策は−鹿児島県志布志湾には石油備蓄タンクが43基=合計約500万キロリットル溜められる

 汚染水対策は東電の、極限まで資金を惜しんで、最低限のタンク建設と資材の使い回しの結果、事態が深刻化していった。
 たくさんの人々が、原発の水対策が最も重要と述べていた。吉田元所長もそう語っていた。その点では反原発も推進も関係が無い。ではどんな方法が在るだろうか。
 例えば大型貯水タンクを建設するという方法もある。鹿児島県志布志湾には半地下式の石油国家備蓄タンクが43基立ち並んでおり、1基あたり約12万キロリットルで、合計約500万キロリットル溜めることが出来る。東京ガスが扇島に作っている地下式の液化天然ガス貯蔵タンクは1基25万キロリットルの貯蔵能力がある。このような大型タンクを2年半前に作り始めていれば、もうできていた。
 資金繰りの悪化や人材難が対策を遅らせてきたのではといわれている。たしかにそういう面はあるが、そうならば早い段階で「手に負えない」と言うべきだろう。
 手遅れに近い状態まで放置してきた東電の思惑は一体何処にあるのだろう。
 東電の「仕掛け」は、汚染水問題を利用して国の資金投入を引き出し、さらに規制庁をも福島第一の後始末に引き込むことにあった。
 今年4月、東電の社外取締役6人と広瀬社長が安倍首相と会談し、「国も一歩出る」との発言を引き出した。このとき彼らは辞表を持っていたという。
 言うまでも無く、彼らは東電取締役を退任しても帰るところがある。国の支援というのは税金の投入を意味する。これについては原子力損害賠償支援機構が税金から5兆円を限度に被災者への補償を「肩代わり」している。表向き国への返済をすることになっているが、実態としては「電気の安定供給その他の原子炉の運転等に係る事業の円滑な運営の確保に支障を生じない限度において」(原子力損害賠償支援機構法第52条)返せば良いことになっている。つまり抜け道がしっかり作られている。東電は「電気の安定供給その他の原子炉の運転等」に必要な資金は確保できるわけだ。

東電は3200億円もの大金を柏崎刈羽原発の運転再開めざして投入

 東電は地元新潟県の意向など無視し、柏崎刈羽原発の運転再開準備を進めている。緊急対策設備を作り、防潮堤を建設し、ベント装置を作るなど、3200億円もの金を掛けて運転再開のための規制基準適合審査を受けようとしている。動かせるはずのない原発に、とんでもない無駄金をつぎ込んだ。
 普通ならば重大事故を起こした会社が、その事故の後始末さえしていないのに事故原因となった設備の再開準備に莫大な資金を投入するなど許されるはずが無い。補償や事故収束にまず資金投入されるはずだ。
 ところが東電は福島第一の汚染水対策の資金を国に「無心」しつつ、柏崎刈羽に、その無心した金額の何倍もの資金を投入している。
 2年半前に責任を問うて、破たん処理をしておくべき会社を生き残らせたために、国民負担は巨大になるばかりだ。今からでも東電を解体することが問題解決のためには必要だ。

-----------以上------------



posted by タネ at 18:52| Comment(0) | 原発全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

【いよいよ明日!】若狭ゆずり木平和際@明通寺


若狭ゆずり木平和祭
2013.6.29(土)
10:00〜21:00
小浜明通寺
拝観料300円(別途運営資金カンパをお願いします)

【出演】
朴保/東京
THE FAMILY/舞鶴
シャバジー/舞鶴
趙博/大阪
河合良信/福井
はちようび/大阪
ヒデヨヴィッチ上杉(ジェロニモレーベル) /京都
こだままこと /山口・上関
井上卓 /大阪
スウダラブッチ /金沢
川上ひろ子(ヒロ・トゥレシー)/川上さやか(ピリカ・フミ)/島崎直美(北海道・アイヌ文化振興研究推進機構)
and more...!!
※タイムテーブルはこちら→>若狭ゆずり木平和祭タイムテーブル.pdf

【トーク】
中嶌哲演(明通寺住職:原発設置反対小浜市民の会)
木原壮林(京都悠々化学研究所。プルトニウム研究家)

【ドキュメンタリー】
福井発・福島ビデオリポート〜「放射能と暮らし、被曝労働」(報告:若泉政人)
「夢のちからプロジェクト・若狭」交流会
シェーナウの想い

【マーケット】
★地元産品の直売所
明通寺周辺地区の田畑でとれた、お米や野菜

★GOOD LIFE CAFE(小浜)
小浜の新名物、おからドーナツ

★フランク菜っ葉(小浜〜京都)
オーガニック野菜&小浜の暮らしの話

★お山カフェ(京北町)
畑のビビンバ、自家焙煎コーヒーとお菓子、マコモ茶

★あさって農園工房(兵庫)
野草のおやつ、山の味わいご飯、はちみつ、みつろうクリーム、木工、絵など。

★THE FAMILY SHOP(舞鶴 )
元祖琵琶クリーム、炭火梅肉エキス、季節の産物、CD、環境や体にいいもの色々。

★ニウファーム(兵庫)
おむすびと野菜スープ、畑のおやつ、ナイスコロッケ

★宇宙食堂(長野〜岐阜〜福井)

★ハッピース(京丹後)
酵素玄米ごはんや笹団子(あん入りヨモギ団子)など

and more…!!


【オープンマイク】
一曲飛び入りドフリーパフォーマンス!


若狭ゆずり木平和祭ホームページ
http://www.yuzurigi.musicadeira.com/index.html


posted by タネ at 14:11| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。